確定日に合わせて融資を受けてノーリスク投資を

株主優待を目当てに投資をする人が増えてきましたが、これにはひとつ欠点があり株主優待が人気の銘柄ほど確定日を過ぎた後の株価の下落が大きくなってしまいます。
そのため、優待で得ることができる利益よりも値下がりによる損失のほうが、大きいということになってしまうことが多いということです。
それであるならば、確定日の前に売ってしまってその後買い直したほうがお得とも考えられますが株主優待を目的とするのであれば、それも面白くないものです。

そこで、空売りという方法を使った投資法がありこれを利用することで、株価の下落を心配することなく株主優待をゲットすることができます。
空売りというのは株の融資を受けて、売りから入る方法のことであり株価が下がれば下がるほど利益が出ることになります。
そのため、確定日の前に融資を受けて空売りをしておけば権利落ち日の株価の下落によって利益が出ることになります。
ただし、この場合保有している株の株価が下がっているので利益が相殺されることになるのですが、空売りをしていなければ株価が下がった分だけ損失が出ているはずなのでその分だけ得をしていることになるのです。
また、株主優待の権利も取ることができるので確定日の直前で現物株を買って更に融資を受け空売りをしておけば、ノーリスクで優待を手にすることができる投資法もあります。
ただし注意が必要な点としては、制度信用取引の場合には株不足になった時に品貸料と呼ばれる費用が発生することがあり、これが時に非常に高額な金額となるので株価の下落どころではない大きな損失を発生してしまう恐れもあるため、ノーリスク投資を行うのであれば一般信用取引を利用するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る